ピアノを独習すると頭が良くなる!?

こんにちは、自宅で4歳の娘にピアノを教えようとしているリョウコです。

先日、明石家さんまさんがMCを務めるフジテレビの「ホンマでっか!?TV」で脳科学者の澤口俊之さんが『習い事をさせるならピアノがいい』と言っていました。

ピアノというのは、両手を並列かつ複雑に使い、楽譜を一時的にも記憶しながら演奏し、さらに次に弾く楽譜を先読みします。そして特に重要なのは両手を同じように使いますが、その使い方がまったく異なるという点です。これは他のものにはない非常に高度な行為だそうです。つまり、ピアノをやっていると、自然にすべての脳機能を高めてしまうというわけです。

ピアノのレッスンを続けることによって、脳の監督役でもある前頭前野が構造的に発達し、HQ(人間性知能)の長期的な発達につながります。また、脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分が太くなり、左右の脳のバランスがよくなるそうです。

他にも効果があって、小脳も大きくなり、運動機能や知的機能、感情的機能までもアップします。さらに、海馬とよばれる部分が発達し、記憶力がアップするので、学力向上につながります。つまり、ピアノを習うことによって、脳機能をまんべんなく育て地頭をよくすることができ、スポーツや学力まで効果を及ぼすそうです。

HQを高めるためには、5歳~8歳ころがより効果的で、週に1回40分のレッスンで構わないそうです。ピアノに関しては、4ヶ月くらいで効果があらわれ、脳構造を変えるまでには2年くらい必要です。あとは、やればやるほどという継続期間との相関になります。ちなみに、大人になっても、子どものころほどではありませんが大人なりの効果はのぞめるそうです!

これは今から娘にピアノを独習させるべきですね!私もメリットありそうだしピアノ頑張ろうと思います!

このサイトにもピアノを独習法がのっていたので参考になると思います。
http://www.xn--cckueqa6978dzqn.xyz/